サンフランシスコ郊外からおいしいものと日々の暮らし


by eatSFO

日本の味:新宿中村屋の八鳳麺

新宿 中村屋の八鳳麺


d0204794_542493.jpg


ジャンル:乾麺
値段:2人前 400円しなかったハズ。

新宿東口のアルタの斜め前ぐらいにある中村屋。肉まんやカレーで有名。
まだまだ洋食を「ハイカラ」の代名詞としていただいていた頃からありそうな老舗?なのかしら。

昔から実家ではめったにいかない新宿に行くと必ずこの乾麺とピロシキを買って帰り、父が不在の夕飯とかに食べていた記憶があります。

我が家ではかなりポピュラーで母にリクエストして作ってもらった味なのですが、記事にしようとネットで見てみても中村屋のwebにもあまり書かれていないしよくわからない一品です。

中村屋の2Fレストランの看板メニューはもちろんカレーなのですが裏人気メニューだと勝手に思っている「ナポリターノ」なるものがこちらの麺を使って作られています。

ナポリターノとイタリア風を謳っておきながら中華麺を使うあたりがまだ洋食創世記だった趣。

麺とアサリとマッシュルームをトマトジュースで煮込んで土鍋に入れてサーブするという、やっぱり創世記な趣満点のメニューです。

我が家ではひき肉も加えてトマトソースを作りこの麺を投入して完成品とされていました。
クラフトの粉チーズなぞかけて食べたり。

d0204794_542595.jpg

こんな感じです。
大好きな母の味です。(でもちょっと違うの・・・母の隠し味はなんなんでしょう?)

実家ではこれを「中村屋のナポリタン」と呼んでいたので、ある時中村屋のレストランに行ったときたのんでみたのです。そしたら一見似ているけど全然違う味で。豚挽き肉の偉大さを知ったのでした。

そしてまたあるとき、普通の他のレストランで「ナポリタン」を頼んだことがありました。
当然普通の「ケチャップ炒めスパゲッティ」が出てきて苦手なピーマンや大きいたまねぎスライスが入っていて衝撃を受けました。それまで所謂ナポリタン食べたことなかったんだと思います。
かなり幼い頃のことと思いますが鮮明に覚えています。
それ以来なのか、私、ケチャップ炒めなナポリタン苦手です。

B級グルメというか昭和の洋食、ノスタルジックな味です。

麺を買うと中村屋のナポリターノのレシピがついています。

機会があったらお試しくださいませ。

クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2011-04-20 05:40 | From Japan