サンフランシスコ郊外からおいしいものと日々の暮らし


by eatSFO

カテゴリ:South american Res.( 2 )

Cha Cha Cha

ジャンル:カリビアン(キューバ料理)
場所:Haight-Ashbury

初めて乗り込んだHaight-Ashbury。
なんと表現していいやらSFっぽい所です。
ランチで行ったのだけれど閉まっているお店が多かったのが残念。
おそらく夜に行く方が本当の姿を見られるのではないでしょうか。
危なくはないのかな!?

古着屋さんやちょっと面白い他のエリアにはなさそうなお店がいっぱい。
通りを歩くとまあカラフルなこと。ここのお店が個性豊かな色使いです。

若いねぇ。ワクワクするねぇ。とすっかりおばちゃんです。

11:30の開店と同時にお店へ。
町はまだ眠っているような印象なのにポツポツお客さんが現れ、12時回る頃には満席状態でした。

店内がまたカラフルというか。
いろんな神様の像があったり、いい意味でユニークです。
日本には絶対なさそうな世界観。面白い。
写真がないのが残念~。


お友達お勧めを色々頼みました。

d0204794_1439589.jpg


セビーチェ。カリブ料理によく出てきますが、お店によってなのか地域によってなのかかなりライム&レモンの酸味具合が違う。こちらのはかなりマイルド。
食べやすい。

d0204794_14395930.jpg


カラマリフライとムール貝の蒸したもの。
カラマリはからり。軽めの衣でアイオリソースを付けて頂くととまらない。

ああ、ビールのみたい・・・。
ちなみにこちらのお店はサングリアが有名だそうです。(昼なのでノンアルコールでした~)

ムール貝はヒット!サフラン風味で特別変わったものではないのですが、バランスがとってもいい。
おいしいおいしい、とみんなで奪い合うように汁をパンにしみこませていただきました。

私的一番のヒットはこちら。

d0204794_1440018.jpg


Cha3 Jerk Chicken
友人一押しだっただけのことがあります。

普通のジャークチキンってスパイスをチキンに刷り込んでグリルしてあるもの。
BBQというかドライなものですがこちらのはソースたっぷりのシチュー??のようないでたち。

メニューには
Marinated chicken thighs baked with habanero chiles, raisins, garlic, & tomatoes served over white rice

と書いてあります。
ベイクしてチリやトマトをFPに掛けてピュレにしたのでしょうか。

ピリッとするけれど甘みがあります。ヒミツはレーズンだったのですね。納得。
あの深い味わい・・・。ビールと頂きたい・・・てしつこいですが。

ライスととってもあってチキン以上にこのソースがおいしかった。
同じようなもの作りたいなと思って検索したけれどなかなか見当たらず。
コレは一度食べる価値ありです。

あまりなじみのないカリブのお料理ですが、シーフード・ご飯と日本人にも親しみやすいです。
他の方が食べていたマッシュルームのも気になったし、また行きたい~。

ミッションにもお店があるようです。

サンフランシスコは色々な文化があふれていて、いながらにして世界を旅しているような気分になれるのがいいところ。

次はどこに旅しましょうか。


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-04-26 14:37 | South american Res.

ブラジル!肉食☆ナイト

Espetus Churrascaria

d0204794_4391025.jpg


ジャンル:ブラジル料理 シュラスコ
場所:San Mateo(ラーメン道場のそばです)
雰囲気:広くきれいな店内。接待系にも使える店構え(ただしサラダバーは自分でとりに行かないと)

旦那が「シュラスコ食べたい」というのでyelpを見たらありました。

中々新しくってきれいな店内。「ペンキ塗りなおし」でなくちゃんとリモデルされた店内なので清潔で気持ちがいいです。

シュラスコのお店の多くがそうであるようにこちらも食べ放題。
英語のAll-you-can-eatという言い方はなんとなく「挑まれている感」が強く必要以上に食べすぎてしまう私です。

お値段はディナーで飲み物税チップ別で一人$49.95でした。メニューが渡されるわけでもなくwebにも表示が見つからずちょっとドキドキでしたが安くはないけれど悪くない価格だと思います。ランチは30ドル代みたいです。
ちなみに家の子供はタダでした。10歳ぐらいがボーダーかな?4人家族が多かったのがなんとなくうなずける。家族で100ドルでこの料理ならかなり悪くない。


d0204794_4391114.jpg



テーブルに着くとまずはパンのサービス。
チーズ風味のモチモチのポンデケージョ、バナナのフライ、ポレンタフライ。
おいしいですがコレを全部食べてしまうとお肉が入らなくなるので注意!(どれもおなか膨れ系です)

d0204794_4391297.jpg


サラダバーも充実。普通のサラダからなぜか中東系のアペタイザーがバラエティ豊か。
クスクス・ハマス・ピタ・オリーブなどなど。やっぱりお腹膨れ系多し・笑!

ブラジル料理のファジャータという豆の煮込みやパエリアなどもありました。

d0204794_4391339.jpg


どれもおいしいです。
個人的には粒々トウモロコシの焼いたの(写真左奥)が一押し。スモーキーでおいしい。
アボガドのグアッカモレもメキシカンですがシュラスコと一緒に頂くとおいしい。

後はひたすらお肉祭り。

写真撮るゆとりなく・・・。

テーブルにある「もっといる」「もういらない」のサインをYESにしておくと串刺しのお肉をがんがん持ってきてくれます。

サーロイン・豚・鶏・ソーセージ・海老・羊などなど。パルメザンチキンとかベーコン巻きとかもあり。個人的にはchicken hearts(ハツ)が気に入りました。
お肉系はどれもしっとりジューシーで臭みもなくおいしかったです。サラダバーのものと一緒に頂けば飽きることもありません。

パイナップルのグリルもありましたよ。
ここのパイングリルはちょっと肉の香りが移っていてデザートしては微妙でしたが本来通りの箸休めとしてどうぞ。

デザートも別で頼めますが他の方を見るに凄いボリューム。そのぶんお肉食べましょう。
どっちが健康にいいのかわかりませんが。

お誕生日会をしているお客様、多数。ポルトガル語でハッピーバースデーを歌ってくれます。


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2011-06-08 04:36 | South american Res.