「ほっ」と。キャンペーン

サンフランシスコ郊外からおいしいものと日々の暮らし


by eatSFO

カテゴリ:American restaurant( 19 )

SFで一番の朝食

Mama's On Washington Square

d0204794_1633160.jpg


ジャンル:アメリカン(朝食)
場所:SF ノースビーチ

サンフランシスコで一番の朝食レストランということで観光客にも大人気のこちらのお店。
何度か前を通りかかるもののいつだって凄い列。

メニューはオムレツやらフレンチトーストやらの一般的なラインナップ。
yelpのレビューは2000超。

あの行列に並ぶ勇気が出ず未訪だったのですが思い切って。

平日の9:30過ぎに到着。既に長蛇の列。
30分ほど並び、店内へ。

d0204794_1633184.jpg


すると今度はオーダー用の列。メニューの看板を見てどれを頼むかきめます。
キッチンが丸見えなのでポーチドエッグのフルフル具合やガラス越しに並べられた食材の数々をみて
益々迷います。

オーダーを終えるとタイミングによって席が空くまで更に待つ。

この日はオーダーしてすぐ着席できましたが数組前のグループは結構待っていた様子。

今度はお料理が出てくるのをマツ。

ついに料理登場。時計を見ると11時過ぎてました。タイミングが悪かったのかこんなものなのか。

タダひたすら並ぶわけでなく、入店・オーダー・着席・サーブ待ち、と変化があるのでそこまで待たされた感はなかったかな。
でも時計は着実に進んでおりましたよ、笑。
SFで待ち時間NO1の朝食屋さんであることはとりあえず確認、笑。

かなりの人が頼んでいたFrench Toast Flight。

d0204794_1633298.jpg


シナモン入り、クランベリー入り、バナナケーキだったかな?の3種類のフレンチトーストが一皿で楽しめます。

元のパンはオーダー前にガラス越しで見たコレらだと思います。

d0204794_1633279.jpg


パンというよりバターケーキに近い風貌。実際バターの存在感が結構あり日本人にはちょっと重いかなぁ。おいしいけれどコレをひたすら一人で平らげるのは相当重いかも。飽きちゃうしね。

シェアで大正解の二品目は本日のスペシャルから蟹のキッシュ。

d0204794_1633355.jpg


なんとも激しく贅沢な蟹モリモリのキッシュ。贅沢の極み。他のメニューが8ドル台が多い中16ドル以上したと思うのですがこの蟹の量なら納得。
塩気も強すぎず、相当おいしかった。

もう一皿は卵モノかしら、と頼んだオムレツ。Mama's children's Favoriteです。

d0204794_1633439.jpg


中身うつっていないですが、sauteed mushroom,green onions,Roasted tomatoes,and Monterey Jack's cheeseが入ってます。

オムレツって凄くハズすことも少ないけれどそれほど「おいしい~」ともなりにくいメニュー。でもこちらのは一口頂いておいしい、と思わず。
卵がおいしいのかしら。臭みがない。アメリカの卵って黄色が薄いけれどこちらのは割りと黄色い。卵黄多めに入れているのかしら?
オムレツといえば「ふわっふわトローリ」の半熟が真髄と思っていたけれどしっかり焼いてもおいしいのね、と新しい発見でした。

フレンチカントリー調の店内。小さなお店です。
週末は更に混雑するだろうから2時間並んでまで頂くべき朝食か、といわれると難しいところですが
確かにおいしかったのは事実。

次に行くことがあれば今回頼まなかったエッグベネディクトかオムレツもう一度かな。

コーヒーやチェックで待たされるようなこともなくさりとてせかされず。
お酒もおいているようです。


私の後ろに並んでいるカップルはコーヒーとパン片手に現れ、列に入ってすぐパンをモグモグ。
朝食は路上で、ランチをこちらのレストランで、という腹積もりの様子。
確かにランチタイムに差し掛かっていました。

家族で行くのも可能ですが待ち時間を考えると話の尽きない女子同士かカップルで行かれるのがいいと思います。

cash only。


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-06-26 16:00 | American restaurant
Boulevard Restaurant

d0204794_15242659.jpg


ジャンル:アメリカ料理(フレンチ・イタリア系)
場所:SFフェリービルディング側

生憎の小雨の中、平日のランチに。

こんな日は近くのパーキングといえど歩いていくのはちょっと面倒ですがこちらのレストランはランチタイムもバレットがあるので便利。

d0204794_15242620.jpg


オープンの11:30ちょっとすぎに入店すると既に案内待ちのお客さんが何人も。
このレストランの不思議なところは、来店客の多くが男性だけの4人や6人のグループであること。

しかも皆さん
ブルーシャツに折り目のしっかりついた「スラックス」手にはファイルを抱えてます。

ビジネスランチでご利用の様子。

アールヌーボー調のインテリアの店内に通されます。

d0204794_15242722.jpg


窓からフェリービルディングの時計台が見えました。

本日のお勧めのジャガイモのスープ エスカルゴ添え

d0204794_1524271.jpg


ちょっと塩気が強めですがアメリカでは許容範囲。でもこのエスカルゴが・・・本日のお勧めとは思えないほど泥臭く、口に入れたものの飲み込むのをためらうほど。非常に残念。

パスタはイカ墨を練りこんだパスタ。シーフードの唐辛子が効いたトマトソース。

d0204794_15242847.jpg


こちらは、安定感のあるおいしいパスタ。エスカルゴがあまりにあまりだったのでかなり不安になりましたがパスタはゆで加減もよくおいしく頂きました。

ホタテのリゾットも一口お味見。

d0204794_1524282.jpg


安定感あります。ビジネスランチに重宝されるのがわかります。

d0204794_15242953.jpg


デザートはレモンメレンゲパイ。ソルベにちょこっとのっているcandied tymeが凄くおいしかった。デザートにタイムを使うアイディアいいですね。好みです。

帰りにお会計を御願いしたら「この後、すぐにお車をご用意してよろしいですか」ときかれました。
時間がなかったのですぐに車を御願いしましたが、食後フェリービルディングを散策、というのもアリのようです。

ポーション小さめ、お値段はそこそこ。記念日やデートにというより目上の方やお客様としっとりお食事したいレストラン。これはこれでニーズがあるのも納得。

エスカルゴは未だに謎のクオリティでしたが他は総じておいしく、日本人の口にもあうと思います。
デザートはちょっと甘めかも知れませんが。

しかし、ビジネスで来店のお客さん、ホント全員ブルーシャツ。制服?って思うほど。場所柄なんでしょうか。ビジネス以外のお客様も比較的年配の方が多めでした。



クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-06-05 15:21 | American restaurant
NAKED LUNCH

d0204794_15555088.jpg


ジャンル:サンドイッチ屋さん(基本 to-goです)
場所:SF North Beach

いよいよフォアグラ禁止まで一か月。

普段早々、食べるわけでもないのにいざ食べられなくなると聞けば食べたくなるのは、人の常。

姉妹レストランTxokoにカリフォルニアを食す☆☆子豚つれづれ日記のpunch8392さんが訪問されて
こちらのサンドイッチ屋さんを知り、ご一緒願いました。

お店のあるNorth beachのBroadway沿いには夜盛り上がってそうなお店が並びます。(基本的に男性向け~?歌舞伎町的なのかしら??)PUBだかBARだかもいっぱいありそう☆

すぐそばにはチャイナタウンだし、おいしいものの大好きなイタリア人の街とあって食い倒れ希望としても期待が高まります。

お店はなんともシンプルなレストランではなく町工場のような、倉庫のような。カウンター席4つのみ。
お化粧室もない・・・。
(↑スタバ等のカフェでもSF市内は化粧室がないところ多いですよね。衛生法みたいのに引っかからないのかな~といつも思う)

d0204794_15555189.jpg


入口脇の黒板に今日のメニューが書かれます。

サンドイッチは4種。更にスープやサラダがあるようです。
3人で行ったのでベジタリアンメニューじゃない3品を一つずつオーダー。

いろんな味を食べたい~と3つにカットしてと頼んだけれど、最初に届いたのは1/2カット。(下の写真の通り~)
1/3はむずかしかろうと更にもう半分に切ってね、と頼んだけれどオーダーしたサンドイッチのうち1つはなぜかそのまま。私の英語力はどうなっちゃっているのでしょう~。


オーダーはお姉さんが紙に書いて電卓で合計出して・・・というクラシカルスタイルのお会計。
因みにCASH ONLY
番号札を持って待ちます。

d0204794_15555125.jpg


多くの人はお持ち帰りのようで店内で待ちますが、お店で食べて行く人はお隣のTxoko前に出ているテーブルに座って待っていると持ってきてくれます。

さてさて我々のサンドイッチが届きました!

d0204794_15555181.jpg


手前から順に
Pork Belly Sandwich,
Pineapple Salsa,scallions,caramelized onion,lettece,green girlic aioli $12

このポークサンドが密かにすごくあたりでございました。
大きめキューブ型の豚肉で和風にも思える味付け。モスバーガーのメニューにありそうな日本人が喜びそうなお味。男性も好きそうです。パイナップルも入っているけれど主張しすぎず、飴色玉ねぎとよく合います。
バンズはソフトシェルと同様ブリオッシュ生地の丸いものでした。

二つ目は
Crispy Soft Shell Crab Sandwich
House Pickles, Butter Lettuce, Fresno Chili Aioli $14

ソフトシェルクラブは丸ごと一匹入っております。写真のバンズから飛び出しているのはカニの足です。
カリカリに上がっていて辛めのチリアイオリソースといいコンビです。


そして真打。

d0204794_15555233.jpg


Artisan Foie Gras Torchon & Duck Prosciutto Sandwich
Tomato, Butter Lettuce, Black Truffle Salt  $18

本日のお目当てフォアグラサンドイッチはサブマリン型のフランスパン系。
Acmeの袋を見かけたからパンはAcmeなのかしら。

foie gras torchonはtorchon(布巾)でしっかり包んで茹でたものだそうです。
食感はパテそのものです。濃厚なまったりとしたパテ。5ミリ以上厚みがあったように思います。

食べるまでフォアグラパテがパンに塗られてて、具のメインは鴨のプロシュートなのかなと思ってました。
違う。
パテが具です。5ミリですから。

鴨のプロシュートはアクセント。パテと侮るなかれフォアグラの貫禄が十分出ています。
おいしい~というか「ワイン下さい」なお味です。

今回は3人で色々な味を楽しめてよかったのですが全員一致の意見としては
「一人でフォアグラサンド完食はキビシイよね。」ということ。

どのサンドイッチもサンドイッチとしては$$$ですので具もゴージャスで濃厚でした。
サイズはアメリカ的には大きくないのでなおさら具材に注力のようです。

他の2つのサンドイッチもそれぞれおいしいけれど、一人で一つ食べるより何種類かをお仲間でシェアするのがお勧めです。使い捨てナイフを持って行った方がいいかも・笑。

お味はどれもかなりヒットで大満足。6月中にお試し下さいませ!

サラミで有名なMORINARIや私お気に入りのトリフチョコレートのお店XOX trufflesも近くにあって、
皆様、遠足にいかがですか~?
お時間ある方はSF内で一番おいしいというフォカッチャ屋さんや中華街でエッグタルト~なんていうのもアリですね。(ノースビーチそぞろ歩きはこちらの記事→

駐車場が少ないのが難点のこのエリア。
道沿いのコインパーキングが基本のようです。(SF市内価格ですのでコインを多めにご準備くださいませ)
道沿いは1時間がほとんどのようなので少しなら歩ける~って方はKearny沿いの中華街の駐車場に止めて歩くのもありかも。

クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-06-01 15:54 | American restaurant
Gott's Roadside


d0204794_1222892.jpg


ジャンル:バーガー屋さん
場所:Ferry Building内

SFの観光名所Ferry Building内にあるこちら。
ほかの支店はNapaとSt'Helenaにあるだけにガイドブック等にも多く登場し、観光客にも認知度高し。

アヒバーガーがおいしい。と言われているものの実際来店された方からは微妙な評価。

こういう時は自分で食べてみないとね。と思いつつなかなか訪問チャンスがなかったのですが
土曜日の18:00、何所のレストランも予約しておらずFerryBuilding近辺でどうしよう?と思った時に
ここを思い出しました。

土曜日の昼間には行列ができているこちらも夜は列が短めですぐにオーダーできました。

オーダーしてお金を払うとレストランの入店待ちでたまに出てくるポケベルみたいな順番お知らせマシーンを渡されて待ちます。

ブルブル合図が来たらPICK-UPカウンターでバーガーを受け取るシステム。

混み具合の割に少々待たされながらやっと出来上がり。

d0204794_1222862.jpg


チーズバーガー、グリルチキンサンドイッチ、アヒバーガーに加え人気のガーリックフライ。

まずはガーリックフライから~。
かなーりガーリック。悪くないけどぬるいよ~。ポテトは揚げたてのアツアツが信条でしょう!残念。

バーガーは出来立て。バーガーが出来上がるのを待っていたのね、ポテトさん。


d0204794_1222977.jpg


さて噂のアヒバーガー。
中のアヒ、マグロは中はまだ赤いミディアムレアな焼き具合。焼きすぎでパサパサ、というよりはいいけれど
正直な感想としては「んー」

SUSHIの国の人間ですから。アメリカのレストランでSEARED AHIを頼むとちょっと違うのよね~と思うことあるけれどまさにそんな感じ!?

二度と行かない、とかそこまでの激しい感情もないは本当ですが。
$14.99というお値段を払う割にはかなり残念な結果に。

他のバーガーもまあ特筆するほどの個性も感動も残念ながら。

お皿も使い捨てのファーストフード風にもかかわらずいいお値段取る割に疑問が残るのは否めず。
$15の予算があれば他のチョイスがあるかなぁと。

場所代?有名だから?
うーんちょっと残念。残念。

酷評になっちゃいましたがコンセプトは悪くないのに~とひたすら残念感が。
Ferry Buildingでお食事ならThe Slanted Doorが一番おすすめかな。予算は上がりますけど。

ガーリックフライはせめてアツアツで欲しかった・・・。

クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-05-28 01:20 | American restaurant
Wayfere Tavern San Francisco

d0204794_6485673.jpg


ジャンル:アメリカン
場所:SF Financial District

時間があるとみているケーブルテレビの食専門チャンネルFoodnetwork Channel。
おいしそう、作ってみよう、というよりバターやら砂糖の量に驚いたりすることも多いですが、
季節ごとの食文化が見えて楽しいです。

スターシェフといいますか、料理の鉄人をはじめシェフでありながら番組を持つ看板キャストの面々。
以前ナパのBottegaに続き、今回はTyler Florenceのお店へ。

d0204794_6485716.jpg


Chef Tylerはミルバレー在住で、SFのこのお店以外にも空港やミルバレーにもレストランがあるそうです。
キッチン用品も販売したりやり手です☆
テレビを見る限りお料理はフレンチよりのアメリカンで奇をてらうよりオーセンティックなお料理が多い印象です。

d0204794_6485790.jpg


オープンは2010年ということですから比較的新しいレストラン。
シックなFinancial districtらしい外観のお店に入ると、ちょっとしゃれた山小屋っぽい(シカの剥製?とかあるからそう思ってしまう単純なワタクシ)内装?
暖炉にも火が入ってました。
このお店の前にも比較的有名なレストランが入っていたそうですがどの程度内装がかわっているのでしょうか。
2階にも席があるようです。

d0204794_6485820.jpg


NYで下積み時代を過ごしたからでしょうかポップオーバーがサーブされます。
もう少し大きい方が中のモチモチ部分が多くなって個人的には好み。

まずはスープ。

d0204794_6485831.jpg


SPRING CARROT SOUP
roasted pineapple pulp, carrot fritters, shaved country ham
写真が良く撮れていないのですがとっても色鮮やか。添えられたグリーンと赤の葉がとってもきれいでした。
色味がおさえられた内装のレストランにぽっとサーブされたスープの鮮やかさが印象的。

キャロットフリッターも揚げたてアツアツでした。

私はOKだけれどパイナップルのピュレはダメな方には厳しいかな。かなり甘めのスープ。
ボリュームもかなりたっぷり。

d0204794_6485935.jpg


ORGANIC FRIED CHICKEN
buttermilk brine, roasted garlic, crisp woody herbs, lemon

メインは一押しというフライドチキン。

最近なんだかフライドチキンばっかり食べておりますが。
こちらは極めてシンプル。バターミルクにつけてあるとありますが極めて本当にシンプルな。
ここまでシンプルにするならローストにしてしまう方が潔いような。
もしくはもっと衣をつけてフライを堪能したかったような。

素揚げにされたハーブと一緒にいただくのはなかなかおいしかったです。レモンもたくさんしぼって。
タイム、セージ、ローズマリーが入ってました。

サイドでSAUTEED SPRING GREENSをオーダー。フライドチキンは完全にチキンのみなのでサイドをお願いしたのは正解でした。

d0204794_6485983.jpg


メインもう一品はSTEAK FRITES 。
grilled bistro filet, truffle butter, watercress and French fried potatoes

勿論焼き加減も聞かれてミディアムレア。いい具合の焼き加減でしたが、結構待たされた割にパーキングにコインを入れに行った瞬間にサーブされたのが残念。

ちょっと期待しすぎちゃったかしら、というのが正直な感想ですが、日本からのお客様をお連れするのに向いているかも。
アメリカ料理だけれどジャンクすぎないというか。
時間がなくてデザートまでたどり着けなかったのが残念です。

駐車場はディナータイムのみバレットありのよう。
来店時は土曜日のランチタイムだったので通り沿いのメーターパーキングがかなりあいていたのですんなり止められました。メーターは平日は商業車用なので止めにくいのかも。

お子さん連れの家族連れも多かった。カジュアルな服装でもOKですがキレイめの服装の方が多かったです。

クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-05-23 06:45 | American restaurant
Creola

d0204794_11593284.jpg


ジャンル:アメリカ南部料理(ケイジャン・クレオール)
場所:サンカルロス

サンカルロスのエルカミノリアル沿いにある一軒家のようなレストラン。
エルカミの車とカルトレインの景色を楽しみながら(?)ディナーです。

d0204794_1232663.jpg


まずはパンに手を伸ばし~。
アメリカっぽいバケット。フランス風のとは違うけれどアメリカンなバケットも嫌いじゃない。(というか好き)

d0204794_11593283.jpg


シーフードガンボ。
辛み控え目。このレストランに限らずガンボってスープのカテゴリーに入れられているけれど
日本人的にはごはんも入っているしメインディッシュでいいと思うのですが。

こちらのはライス少なめでした。

d0204794_11593340.jpg


Cajun Jambalaya
Smoked Chicken, Andouille Sausage, Tasso Ham, Sauce Piquant

期待してたジャンバラヤよりチキンがジューシーで印象的。こちらも若干マイルド。
ケイジャンらしさがちょっと控え目なのが南部料理ファンとしては残念ではあります。

d0204794_11593396.jpg


Taste of New Orleans
A sampling of Crawfish & Shrimp Etouffee
& Soft Shell Crab with Jalapeno Tartar & Choron Sauce

ソフトシェルクラブが揚げたてでした。エトフェのザリガニさんは臭みなかったですが
うーんやっぱりマイルドかなぁ。

この日一番のヒットはこちら!

d0204794_11593435.jpg

フライドチキン!!
ついひとつ前の記事でSFベストフライドチキンなどといいましたが、いや、こちらのほうが美味!
レギュラーのメニューのほかに本日のメニューがいくつかあってその中の一つでした。
チキンは3ピース。

揚げたて、ジューシー&テンダー。偽り、誇張なくジューシー&テンダーでした!
これはもう一度リピしたい・・・。
フライドチキンってカジュアルなお料理だけれどきちんと作ると奥深いなぁと思う一品。
子供が凄い気に入りようでした。

お料理はポーション大きめ、スパイス控え目。
ファインレストランですが家族連れもそれなりの振る舞いができるならOK。(フライドチキンがなかったら子供好みの物はなかったようにも思うけれどー。

南部料理食べたいっ!と思って行くとちょっと物足りないですが南部風料理と思えばかなりおいしい。

駐車場もあるし。

デザートはとても入らずでした~。
南部のデザートはボリューム多いですしね~。


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-05-16 11:56 | American restaurant

SF NO.1フライドチキン

farmer Brown's Little Skillet

d0204794_43363.jpg


ジャンル:To go 専門 Soul food(アメリカ南部料理)
場所:SF SOMA

at&t Parkの側SOMAエリアの小道にあるこちらのお店。

日本でいうところの「ほか弁」みたいな位置づけなんでしょうか。テーブルはなく持ち帰りのみ。
ただ小道にあるのでその辺の道でランチタイムしている方多数です。

写真の右下にある青い座布団使っていいようです。

d0204794_4331275.jpg


看板メニューはフライドチキン&ワッフル。ベーコン&パンケーキもそうだけれどお肉モノにシロップついちゃうんですよね。慣れるとアリ?な気がして来る不思議。

d0204794_4331735.jpg


Chicken&waffles 2P+waffle($8.5)

買ったものを持って友人宅でランチにしたので冷めていましたがそれでもジューシー。おいしい。
特別スパイスが個性的ということではなく、comfort foodらしくオーソドックスなお味。
好き好き。
チキン以上に盛り上がったのはこのワッフル。
なんともいえぬ、おいしさ。ここのワッフル、また食べたい!!
冷めてても美味。冷めてても若干カリッとが残っていて。これ、出来立て食べたら本当に危険なおいしさなのでは!?

d0204794_4332194.jpg


chicken box 2P+side($8.5)served w/jalepeno cornbread and choice of side
サイドはコールスロー。
コーンブレッド、個人的にはプレーンな方がいいかな。辛味は感じず。でも甘くないバージョン。
甘い方が好きです。

ひそかにヒットだったのがこちらのcreole shrimp&grits($10.5)

d0204794_4332682.jpg


日本人の味覚としてコレだけを一人でランチにすると飽きてしまうと思いますがちょこちょこ分け合っていただく分にはいいスパイスになります。
ケイジャンスパイスの辛味が効いたエビとプレーンなグリッツは日本の丼物に通じるテイスト。

他にもBBQ porkサンドイッチやpo-boyがメニューに並んでました。

やさしい懐かしい感じの味なのでお母さん、おばあちゃんのお料理を思い出す味なんじゃないかな。

オフィスがこの側だったら通っちゃうな。出来立てのワッフルを食べてみたいです。
朝早くからやっているのでここで買ってどこかでランチ、という使い方、いいと思います。

:::::::::::

フライドチキン、お昼のピーク前だったからかオーダーしてからあげているようでした。
そんなわけで若干待ち時間・・。

この日は結構寒くって震えておりましたら隣にカフェが。
cento

d0204794_4333030.jpg


Blue Bottleのコーヒーを出してくれます。おまけにクッキーなんか買っちゃってしばしほっこリ。
同じBlue bottleの豆でもおいしいときとあまり響かない時とありますがここのカプチーノは
文句なくおいしかった。


d0204794_4333489.jpg


こちらも店内は狭いので結局外で待っていたんですけどね。


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-04-28 03:52 | American restaurant

老舗 Zuni Cafeでランチ

Zuni Cafe

d0204794_443345.jpg


ジャンル:American
場所:SF Hayes Valley

サンフランシスコらしいレストランのひとつ、ZUNI CAFE。
local物をたくさん使ったお料理が楽しめます。

d0204794_443364.jpg


黄色いテントが目印の店内に入るとメニューとパンがサーブされます。
パンはAcmeのようです。

d0204794_4433745.jpg


看板メニューのひとつ、Zuni Caesarを。
大き目のクルトンがおいしいです。パンはやっぱりAcmeかな。
シーザーサラダはどこで頼んでも「はずしにくいメニュー」のひとつですが(笑)
すっぱすぎることも、塩っぱ過ぎることもなく、まさにいい塩梅なシーザー。

d0204794_4433823.jpg


続いてピザ。
キッチンの釜で焼かれた香り高いピザ。この日はチーズ、ラディッキオに
名前を失念した「ナッツとオレンジゼストとパン粉が混ざったもの」がふりかけられております。

チーズはWagon Wheel。これまたローカルのCowgirl Creamery Cheeseのチーズです。

こってりチーズそのものがおいしいのはもちろんですが苦味のあるラディッキオとナッツのクランチーさ、オレンジの爽やかさで、んーワインにあいそうです。
家でもマネできそうです。こちらのピザ、とっても好みでした。

最後はこちらの看板中の看板メニュー、ローストチキンを!

d0204794_4433986.jpg


Roasted chicken for two with warm Tuscan-style bread salad

メニューの名通り二人用。ローストチキンといっても鶏一羽がでてきます。
オーダーからサーブされるまで1時間ほどかかります。
女子チームで行ったのでそもそも待ち時間は苦になりませんが、他のお料理もタイミングを見計らって出してくださるので1時間も待った様には感じませんでした。

d0204794_4434083.jpg


シンプルなローストチキンですが皮はパリパリ、中はジューシー。
チキンとともにパンのスタッフィングも。別に作っているように思いますがスタッフィングが
これまたおいしかった。脂っこくなく、水分を吸いすぎてグシュグシュということもなく、
でもチキンのうまみはしっかり吸っていて~。
季節によって違うと思われる葉モノ系サラダと松の実もいいアクセントでした。

こちらのお料理を頂いて思うのはシンプルながらきちんとおいしいこと。
さりとてよくあるメニューそのままではなくZuniの個性が出ているのがまた魅力。
Comfort foodなのです。周りを見渡せば常連さんと思われる方が多数。年齢層も幅広く、SFの多くの人々に愛されているのがよくわかります。

今回は上記のメニューを頂きましたが、一番多く見かけたのはハンバーガー。見るからにおいしそうでした。パスタもおいしそうだった~。

d0204794_4434174.jpg


デザートも食べないで帰れないよね、とflourless chocolatecakeを。
こちらはかるーいチョコレートケーキ。うんうん。おいしい。

大満足~。

d0204794_4434238.jpg


とっても好みの味だったので思わずZuni cafeの料理本もamazonで買っちゃいました。
写真は少なく、百科事典みたいな重さなのですが、ちょこちょこ読むと興味深いことが色々書いてあります。作り手の技術披露ではなく、食べる人が心地よいための料理について語られていて、SFやローカルの食材たちへの愛がいっぱいで優しい気持ちになれる本です。

お腹もいっぱいになったところでちょっとHayes Valleyをお散歩。
腹ごなしにちょうどいいお散歩のはずが、またお腹に入れるものを買ってしまう~。

**************
レストランは予約したほうがよさそうです。
駐車場は通り沿いのコインパークまたはバレットパーキングがあります。(ランチもバレットアリ)
駐車場の心配をしなくていいのはありがたい~。
kidsもランチはとりあえずOKそうです!
生牡蠣もおいしいらしいので食べたいな~。


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-03-20 04:40 | American restaurant

行列の朝食屋さんへ

plow

d0204794_232010.jpg


ジャンル:Breakfast&brunch(アメリカン)
場所:SF Potrero hill

素敵な朝食屋さんがあるよ、と聞き、平日いそいそとSFへ。
Potrero hillというへリアはSF市の南東にあって、レストランめぐりではあまりお世話になることがないエリア。住宅街なのでしょうか?

ミッションエリアもそう遠くないし、HILLなだけに駐車にちょっと勇気がいる辺りですが
危険なエリアではない模様。

隠れ家的にひっそりあるこちらのレストランですが、平日の午前中だというのに満席。
小雨ぱらつく寒い朝でしたがお店の外で待つよういわれ10分ほど過ぎた頃、店内へ。

d0204794_232151.jpg


細長い小さな店内は白中心の清潔感あふれるインテリア。
まだまだ新しいお店なのでしょうか、気持ちいいです。
小さなお店ですが生花がきれいに飾られていて、印象的でした。

感じのいいお姉さんがサーバーさん。
狙っていた中華風のご飯系朝食が売れ切れでちょっと残念でしたが、気を取り直してオーダー。

色々迷って、違った種類のものをみんなでシェア。

d0204794_231583.jpg


fried egg sandwich two eggs fried, aioli, frisee, Vermont cheddar, Acme bun
予想通りの卵トローリがおいしいサンドイッチ。プラス1ドルでベーコンを足せます。


d0204794_231788.jpg


Dungeness crab scramble asparagus, scallions, fava greens, mushrooms, crispy potatoes, toast
蟹を見つけると頼まずにはいられない私。こちらのスクランブルエッグは頂いた見れば蟹玉風!
ごま油の風味がおいしい。さりげなくアジアの文化が入っているのがカリフォルニアのいいところ。

d0204794_231715.jpg


Fatted Calf blood sausage + two eggs crispy potatoes, toast
フェリービルディング他にも店舗を出しているFatted calfのソーセージ。血のソーセージということで好き嫌いはあると思うけれど臭みもなく思ったより頂きやすい。

そして付け合せのポテトがっ!
外はカリカリ、中はホクホク。「言うは易し、作るは難し」の絶妙な加減。カリカリベーコンと甘くいためられた玉ねぎが加わり、止まりません。

d0204794_231969.jpg


lemon ricotta pancakes pure maple syrup
おそらくこちらの看板メニューと思われるこちらのパンケーキ。
リコッタチーズの粒がごろごろ入っていてレモンの酸味もさっぱりなおいしいおいしいパンケーキ。

友人の一人は最後の一口を前に「もう食べ終わるなんて悲しい~」と悲鳴を上げておりました。
でも確かに思わず口にでたそんな言葉がしっくりきます。

以前自宅で作ってみた「世界一おいしい朝食 bill's」と同じ作り方と思われます。
パンケーキのかるーいふんわり感はやっぱりメレンゲかしら。
本場bill'sも食べてみたいわー。オーストラリアか日本か・・・

というわけで大満足の朝食。
plowというメニューをオーダーするとお店のおいしいものが少しずつ色々のっていて楽しめると思います。一人1皿ならそれを迷わずオーダーだわ。

中華風のをいつか食べたい。

週末は更に混雑するそうです。平日いらっしゃれるかたは是非平日に。
あ、でも週末にはモンキーブレッドもあるんだ・・・。悩ましい。


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-03-13 02:00 | American restaurant
Brenda's french Soul food

ジャンル:アメリカ南部料理
場所:SF テンダーロイン地区

d0204794_1664472.jpg


大好きなアメリカ南部料理を食べに朝からSFダウンタウンまでお友達が連れて行ってくれました!

ルイジアナ州ニューオリンズを中心にいただけるケイジャン・クレオール料理。

フランス系の住民が持ち込んだフランス料理+アメリカ南部のローカル食材+奴隷としてつれてこられたアフリカ系の人々の文化が合わさって生まれた料理といったところでしょうか。

有名どころで、ジャンバラヤ、ガンボ、エトフェといったところでしょうか?

アメリカ料理で国内でも広く愛されている料理です。
お米が主食でちょっとスパイシー。地理的にもカリブっぽいテイストも個人的には感じますがいかがでしょうか。

日本人的には未知のテイストかもしれません。新しいテイスト。

ハンバーガー&ポテトなアメリカ料理とは別の路線。アメリカ独自の料理は意外と少ないように思いますがケイジャン・クレオール料理は、本物のアメリカンフードと思います。まさにソウルフードです。

カリフォルニアは地理的にも離れているし、コレだけレストランが多い街にもかかわらず南部料理はかなりレパートリーが少なく、中々ありつくことができませんが、こちらのお店は超有名店。


週末のブランチはかなりの行列と聞きますが平日の10時過ぎについたのでお店はまだ空いていました。でもランチの始まる11時にはほぼ満席にちかかったかな。

d0204794_1664629.jpg


お店は白黒を基調にした南部テイスト~。アイアンが似合うのはやっぱり南部!


飲み物はニューオリンズ名物のチコリ入りのコーヒーがはずせない!?
タンポポコーヒーじゃないけれどチコリが入ることで独特の風味がありマイルドなお味に感じます。普通のコーヒーみたいに胃が痛くならないので好きです。前はトレジョにも売っていたのに今はなくなっちゃいました~。

といいながら、私は写真に写っているスイカアイスティーがおいしいと聞いたのでそちらに挑戦。

d0204794_1664799.jpg


紅茶というよりスイカ。甘いですが、アメリカ的には控えめな甘さかな。スイカ好きとしては、家でもまねしてみよう~と思ったものの友人たちの反応を見るに日本人万人に受ける味ではない模様。

さーてお料理のほうは。
まずは看板メニュー、ニューオリンズ名物のベニエから。4種類のフレイバーが一皿にまとまったBeignet Flightを。

d0204794_1664844.jpg


プレーン・チョコレート・シナモンアップルのスイート系にクレオール料理名物のCrawfish=ザリガニ入りカイエンペッパーの利いたクリームソース入りのものの4種。
サイズも私の拳より大きいくらい。

d0204794_1664934.jpg


4人で行ったので、4種を分けて、都合一人一個分頂いたわけですが・・・。普通の朝食で考えれば既に食べすぎなボリュームです。

本家Cafe Du Mondeのものより大きく粉砂糖は控えめ。個人的にはドーナッツの揚げられたクリスピー部分より中のモッチリが好きなのでこちらの大きいベニエは好みです。
チョコレート好きなのでやっぱりチョコレートが一番。でもどれもおいしい。

ベニエが食べ終わった頃にサーブされたのはこちらの3品。

d0204794_1665123.jpg


野菜入りオムレツとポテトに元祖南部なビスケット。ビスケットはKFCのと同じようなモノです。
こちらも凄い大きさでした。バターやテーブルに置かれたイチゴジャムをつけてどうぞ。

d0204794_1665047.jpg


牛肉の煮込みとグリッツにお好みの卵
グリッツはトウモロコシを引いた物で作ったお粥に近いもの。チーズ入りが多いのですがこちらはチーズ入りじゃなかったように思います。個人的にはチーズ入りが好き。

d0204794_1665236.jpg


本日のお勧めで黒板にあったエビのクレオール風ポットパイ。こちらもビスケット丸ごと入っておりました。

どれもおいしかったのですが、本格ケイジャンクレオール料理のメニューを頼まなかった(朝食にはガンボ等はないのです~)ので、100%ムードに浸ることはできなかったのが残念。
多分本場のお料理より全体にバター控えめ、さっぱり仕様です。SF風ですねー。

次回はランチに挑戦したいです。
最後にお店で使っているチコリ入りのコーヒー粉を買いました。約1.5lbも入って$10!チコリコーヒーは普通のものより胃だけでなくお財布にもやさしいのです。

d0204794_1665464.jpg


ところでお店の場所ですがSF市内のテンダーロイン地区という「危ないエリア」に立地しています。
それがコレまで行きたいけれど中々行けなかった理由。友人の友人がこのアタリに詳しいそうで昼間なら女性だけでも大丈夫と聞き来店にいたりました。

車上荒らしもあるそうですがそれ以上にドラッグ系の危険なので余計危ないというか・・・。今回はテンダーロイン地区の一番端、かつ大通りのため警察の目が行き届いているVan Ness Aveのコインパーキングにとめることができました。

25セントでたった5分しかとめられませんが、シビックセンター寄りのテンダーロインだと駐車する側から金目の物がないか物色する人が寄ってくることもあるそうですのでお気をつけくださいませ。

d0204794_1665375.jpg


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-02-14 16:01 | American restaurant