サンフランシスコ郊外からおいしいものと日々の暮らし


by eatSFO

タグ:Fisherman's walf ( 2 ) タグの人気記事

The Slanted Door

d0204794_1643535.jpg


ジャンル:ベトナム料理・アジアンフュージョン料理
場所:SF フィッシャーマンズワーフ・フェリービルディング内


SFきっての観光地フェリービルディング内のこちらのレストランにランチに行って参りました。

ベイブリッジを見渡せるデッキ側は広いガラス張りになっていて天気のよかったこの日はとても気持ちよかったです。(人も凄い少ないし!)

前菜に

d0204794_1643762.jpg


生春巻きと揚げ春巻き

見た目は極めてオーセンティック。ハーブの使い方が控えめなのか、所謂ベトナム料理より癖がなく食べやすい。生も揚げもどちらもおいしい。揚げ春巻きもしつこくなく野菜と一緒にもりもりいただけます。

d0204794_1643863.jpg


パパイヤサラダ
パパイヤのスライスがかなり薄め・細めでホントにパパイヤ?と思ってしまうくらい青臭さがなかった。コレはコレで上品で食べやすく、十分おいしいのだけれどアジアの猥雑さが恋しいようにも・・・。

d0204794_16431073.jpg


メインはダンジネスクラブと春雨の炒め物となまずの土鍋。
春雨はこちらの看板メニューの一品だそうですが、個人的には看板メニューというほど個性的でもないように思いました。十分おいしいのですが。さっぱりめの味付けとパクチーの盛りが少ないのが原因かな?と思ったり。

なまずの土鍋は甘い味付け。なまずの臭みも消えて、甘いといいつつご飯と一緒に頂くとおいしいです。でも我が家の男性陣に食べさせたら多分NGな甘さのようにも思います。

店員さんは終始にこやかで感じがいい方でしたがライスもいるかと聞かれyesと答えたところ、
人数分のオーダーとなっていて8ドル以上チャージされてました。半分以上残してしまったので
コレはちょっともったいなかったかも。ジャスミンライスをお願いしましたが、見た目も短粒米風で
香りもあまりしなかったのがちょっと残念。フュージョンですからこの辺もマイルド路線なんでしょうか。

d0204794_16431375.jpg


お料理は全体にアメリカによくある本格ベトナミーズレストランに比べ、中性的なフュージョンアジア料理。場合によってはアジア度が物足りずともいえますが、どなたでも食べやすく、カリフォルニアの様々な文化が混ざり合った独特の文化を紹介するにはとてもいいレストランかと思います。

食材もこだわりの仕入先から(もちろんローカル系)入れているようでこのあたりもSFらしいと思います。

お食事に満足した後はデザートタイム。

d0204794_16431483.jpg


ベトナムコーヒーがゆっくり落ちてくるのを待って、コンデンスミルクと混ぜて・・・。

デザートは3種も頼んでしまいました。

d0204794_16431596.jpg


奥からピスタチオのフィナンシェ・レモンケーキ・チョコレートケーキ(でしたっけ?)
ベトナム料理のデザートではないよね、といいつつオーダーしましたが、どれもとてもおいしかった。
お料理以上にデザートがとってもおいしかった。是非デザートまで食べてください!

ピスタチオのフィナンシェがしっとりナッツの香ばしさが立って、全員一致で「おいしい!」
他の2種も詳細は忘却の彼方ですが、こちらのレストランのデザートが期待以上のおいしさだったことはしっかり覚えております!

フィナンシェとチョコレートのケーキに乗っているクリーム、一見同じに見えますが違う仕上がり。
細かいところまで計算されているお味でした。

甘さも日本人的にいい具合です。

d0204794_16431736.jpg


場所も便利だし日本からお客様いらしたら是非お連れしたいレストランです。

人気店ですので、予約をお勧めします。


余談ながら・・・レストラン内にお化粧室があるのですが、ここだけなぜか完全アジアスタイルで
お掃除の方(♂)が常駐。チップの箱も置かれ常にお掃除されてまして。。。
衛生的なのは結構ですが、個室に入るときドアをおさえてくださったり、でたら笑顔でお迎えの後、
入れ替わりで使用後の個室の清掃に入られるのはかなり微妙な感覚です・・・。うーん。


クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2012-02-25 08:40 | Asian Restaurant

Gary Dankoでディナー

Gary Danko

http://www.garydanko.com/

ジャンル:アメリカン?
場所:SF フィッシャーマンズワーフ・ギラデリスクエア側

日本から来客中につき夫に子供を頼んで普段子連れで行きにくい所でディナー。

観光地ムード満点のフィッシャーマンズワーフのこちらのレストランへ。早め早めの1.5月前に電話予約しましたが、その時点ではそこそこ席がありそうな雰囲気ではありました。

車もバレット($11)があるので安心~。

外はケーブルカーが通っていたり観光地のにぎわいですが一歩店内に入ると落ち着いた大人の空間です。セーターとか普段の洋服の方もいらっしゃいましたが、ワンピース・ジャケット着用な雰囲気。誕生日や記念日を祝う人がほとんどのようです。

カジュアルなレストランではないけれど記念日ムードと観光地のスパイスで写真を撮る方も多くこの手のレストランとしてはカメラを出しやすかったかな。
iphone撮影だったのでフラッシュをたかないとうまく撮れず、やっぱりなんとなく気が引けてお料理の一部だけ取ってきました。

こちらのレストランは3品・4品・5品と品数ごとにお値段が決まっていてメニューの中から自由に組み合わせます。4品肉料理でも・メイン1品+デザート2品でも。

5品はボリュームが多いと聞いたので4品で。
(家に帰ったらメニューをプリントアウトしよう~と思っていたら翌日にはメニューが変わってましたので日本語は適当な料理名です。すみません)

アペタイザー  蟹肉入りのコーンスープ
蟹肉とクルトンが入った器にテーブルでコーンスープを注ぐプレゼンテーション付。
コーンの甘みが詰まっていました。

魚料理  ソフトシェルクラブ・パンチェッタ・トマトクリームソース

肉料理  
Quail Stuffed with Foie Gras, Mushroom and Quinoa, Braised Artichokes, Peas, Prosciutto and Olive Butter
d0204794_13555952.jpg


デザート 
Non-Cholesterol Strawberry Soufflwith Berry Sorbet and Strawberry Sauce
d0204794_1356149.jpg


各セクションから1品選びました。

一方、客人は
アペタイザーGlazed Oysters with Osetra Caviar, Zucchini and Lettuce Cream

d0204794_13555997.jpg


アペタイザー2 
Risotto with Lobster, Rock Shrimp, Shimeji Mushrooms, Peas, Corn and Roasted Tomatoes

魚料理 Seared Sea Scallops with Asparagus-Pea Pur, Pickled Radish, Spring Onions and Sauce Marhal

デザート Cre Fraiche Cheesecake with Caramelized Pecans, Rhubarb and Strawberry Sorbet

これにアミューズ タイ風牛たたきがついて・・・。

d0204794_1355588.jpg



同じ4品を選んでも選ぶものによって重さがかなり違う。コーンスープがボリューム大で最後の丸ごとウズラちゃんでデザート前に既に「ムリ」ムードだった私とデザートまでしっかり完食と相成った客人。ただ食べたいものを選びましたがポーションについての相談をオーダーの時にした方がよかったな、というのが反省点。

3品ではさみしいかなと思ったけれどアミューズも出て、最後にプチフールも出るのでこれまたボリュームのあるデザートをどちらか一人が取ってシェアするようにすれば良かったかも。

お誕生日のお祝いもお願いしていたのでレモンスフレケーキが登場。

d0204794_1356294.jpg

ムリでした。さすがに一口で・・・。

プチフールにも手を付けない私たちにレモンスフレケーキと一緒に持ち帰るようにして頂きました。

どれも計算されたおいしさでした。一つのお皿に色々な味があるのでどの部分を口に運ぶかで違った印象になります。プレゼンテーションも美しく、さりとてこちらに緊張感を与えることはなくって。凄く斬新、ということはないけれどしっかりしっかりプロ仕事。

アメリカのレストランにすっかり慣れてしまったので「次の一口もおいしいことが約束されている」安心感に浸りました。こういうお料理を食べると東京に帰りたい・・・と思ってしまう。

今回は夫もいないので「ワインは1杯まで」と決めていて何を頼むか相談したら、魚に合うワインを半量、ウズラに合う赤を1/2杯分サーブしていただけました。

ウズラに合わせて出していただいたchateauneuf du papeがもうとにかくおいしくって、ウズラと頂いたら更に更にで、おなか一杯+これ以上ワインはNGな自分がかわいそうでした。。。

帰りにはお土産のバナナクリームチーズマフィンを頂き、幸せなひと時は終わりました

難しいうんちくや料理評論ではなく、いい時間を過ごしたな、と素直に思えるレストランでした。

料理がでしゃばるのではなくあくまで食べている人が主役になれる素敵なレストランです。

追)あんなに苦しくなるほど頂いたのに翌朝の胃に負担がかかっていないのはなぜ?素敵♪

クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by eatSFO | 2011-07-15 13:53 | American restaurant